Category: 未分類

Category of article list

no image

メラトニンが胃が重い原因でも場合もあり胃薬が有効

胃がもたれたり、重たいと感じるようであれば、体のどこかに何らかの異常がある可能性が高いです。もちろん、前日に沢山のご飯を食べたり、お酒を飲みすぎたりして胃が重たくなるのは、病気ではありません。 暴飲暴食によって、胃に過剰な負担がかかったために、胃が重たくなっているのです。けれども、胃が重い原因は、そうした食べ過ぎや飲み過ぎだけではないのです。 例えば、胃が重い原因にメラトニンが関係しているという話もあります。体内で合成されるメラトニンが異常になることで、結果的に胃が重い原因になっていくのです。 ですから、胃のもたれなどとメラトニンというのは、一見すると無関係なもののように思えますが、実は関連性があったりするのです。 そうした胃が重い原因というのは、基本的に医師による診察を受けなければわかりません。そのため、胃が重い状態が長く続いたりしているのであれば、まずは医療機関を訪れましょう。 消化器系の医師であれば、その原因をきちんと突き止めてくれるはずです。その上で、治療に必要な胃薬なり改善法などを提示してくれることでしょう。 胃薬に関しては、処方してくれた医師の説明や薬剤師の話をきちんと頭に入れ、用法や用量を守ることが大切です。胃薬は、胃の痛みやもたれなどにとても高い効果を示しますが、使い方を誤ると、逆に副作用で悩まされることもあるのです。 胃薬に限らず、どんな薬にも副作用は存在しています。その副作用をできるだけ減らすためにも、適切な方法で薬を服用することが大切なのです。 その点に関しては、医師や薬剤師が丁寧な言葉できちんと説明してくれるはずです。その指導に従って、胃薬を使いながら、胃の異常を治していきましょう。

no image

不眠症治療におすすめのアロマオイル

不眠症の治療にアロマオイルを使うことがあります。うつ病などの心身の不調や日中の緊張が夜まで続いて眠れない場合は、自律神経のバランスが崩れるのが根本的な原因です。 アロマオイルのリラックス効果は、自律神経を整えるので不眠も改善します。おすすめのアロマオイルは、ラベンダーです。寝室にラベンダーの香りを充満させると、睡眠薬を服用した時と同じくらい睡眠時間が長くなり熟睡できます。 不眠症治療には特に真性ラベンダーが効果的です。真性ラベンダーのは酢酸リナリルが35%以上入っています。しかし中には真性ラベンダーと称しても、酢酸リナリルの割合が少ないことがあるため、成分表示をよく確認します。 真性ラベンダーは、少しの量だけだと交感神経を刺激するので、かえって眠れなくなります。アロマオイルは決して安くありませんが、惜しんで使うとリラックスできません。浴槽には真性ラベンダーを3滴~5滴ほど入れます。 またシダーウッドは香りをかぐと、心拍数が下がります。活発に反応する交感神経を抑制して、副交感神経が優位になるためです。副交感神経が活性化させれば、寝つきが良くなります。 シダーウッドは夜中に目が覚めるのを防ぐので、質の良い睡眠がとれます。カモミールはお茶として親しまれています。カモミールには神経が興奮するのを抑える効果があり、昔から安眠のために使われています。 しかし利尿作用もあるので、カモミールティーを飲むと夜中にトイレに行く回数が増えます。アロマオイルならその心配がありません。これらのアロマオイルは不眠に一定の効果がありますが、好みでない香りの場合は無理して利用しないように注意します。 嫌いな香りでストレスを溜めると、不眠も改善しません。

no image

不眠症チェックしてみよう

不眠で悩まされている方は寝ても疲れが取れず、朝起きても疲れていることが多いと思います。不眠には大きく分けて6つのタイプがあります。 自分がどのタイプに当てはまるかチェックしてみると、自分に合った改善方法が見つかるでしょう。 まず一つ目は「不眠症」です。 症状としては主に、寝付くまで時間がかかったり、夜中に何度も目が覚めてしまったり、目が覚めると今度は寝れなくなったりします。 そうすると十分に睡眠時間があっても眠りが浅いので十分に眠った感じがしないのです。 二つ目は「睡眠覚醒リズム障害」です。 症状としては、明け方まで眠くならず眠ると昼頃まで目覚めなかったり、夕方から眠くなり朝早くに起きてしまったりします。 特に日勤や夜勤をしている方に多く眠る時間が不規則なのが特徴です。 三つ目は「過眠症」です。 症状としては、昼間に物凄い睡魔に襲われて居眠りをしてしまったり、笑ったり怒ったりすると急に脱力感がでてきたり、夜寝ていると金縛りにあったりします。 ですから日中眠気が襲ってくることでお仕事や家事など日常生活に支障がでてしまうのです。 四つ目は「その他の睡眠障害」です。 症状としては、夜眠ろうとすると足がムズムズしてきて寝付けなかったり、夢を見ると大声で寝言を言ったり手足をばたつかせたりなど体を激しく動かします。 このタイプの方は夜何度も目が覚めて深く眠れないのが特徴です。 五つ目に「睡眠呼吸障害」です。 症状としては、睡眠中に呼吸が停止したり、長時間いびきをかいていたりするので朝起きると口の中が渇いていることが多いです。 六つ目に「身体疾患や精神疾患に合併した不眠」です。 このタイプの方は、頭痛や神経痛、アトピーなどのかゆみ、循環器疾患、血管性障害、消化器疾患、呼吸器疾患、神経症などの精神疾患を患っている方に多いのが特徴です。 ご自分がどのタイプに当てはまるかチェックして、改善してみてはいかがでしょうか。

no image

市販品の胃薬を試したけど効かない

胃薬を飲むときの症状として、大きくわけて二つあります。 まず、胃の痛みや胸焼け、むかつきなどの場合には、胃の働きが良すぎるため、胃酸を多く分泌している状態なので、胃酸の分泌を抑える薬。 胃がもたれる、胸がつかえるなどの症状の場合は、胃の働きが悪いため起こる症状なので、胃の働きを良くして、胃酸の分泌を促進させるための薬が必要となります。 胃薬には、まったく逆の働きをするので、市販品を選ぶ際に、自分の症状と異なる薬を飲んでしまった場合には余計悪化させてしまう場合があります。 胃薬を間違わないためには、薬剤師のいるお店で、薬剤師に症状が出た期間や痛みが出る状態などを伝えて、正しい薬を処方してもらうことが大切です。 また、胃薬が効かない原因として、ストレス性の胃痛や、ピロリ菌の感染、胃潰瘍、逆流性食道炎さらにひどい場合には、胃がんということもあります。 胃薬が効かない場合には、病院に行って診断をしてもらうことが大切です。 単なる胃痛と言っても、市販品が聞かないという場合には何らかの原因があるはずなので、病院で早めに診てもらうことがとても大切です。 病院での治療は、まず、ストレス性胃炎の場合には、消化器官運動機能改善薬や健胃剤などを処方してもらうことができます。 また、ストレスを解消することももちろん大きな改善に繋がります。ピロリ菌の感染が確認された場合には、ピロリ菌を除菌するための薬物療法を行います。 胃薬によって改善することができない場合には、病院での早めの診断が治すための一番の方法となります。 病院で胃カメラなどの診断によって、ピロリ菌の感染やがんなどといった症状に対しても早めに対応することができるので、治療がしやすくなります。

no image

不眠が引き起こす体の不調

仕事などでストレスを抱えますと、なかなか眠れない状態になります。睡眠時間をしっかりとらなければ、体にあらゆる悪影響を及ぼします。 体を休めるために睡眠なのですから、不眠になってしまえば、健康を保つことができなくなるのは当然のことです。 不眠の場合は、常に体が疲れている状態ですので集中力がなくなります。 自律神経のバランスがおかしくなりますので、あらゆる臓器が健全に働かなくなる場合も多いのです。 集中力がなくなることにより、仕事に対する意欲もなくなり、ミスを犯すことが多くなり、失敗をしてしまい、改めてストレスを抱えてしまうことになるのです。 常に身体がだるく、何もやる気がなくなってしまううつ病になる可能性も高いです。 もし、不眠の状態がしばらく続くようでしたら、身体が悲鳴をあげていると理解して、休職をすることも考えなくてはなりません。 不眠を放っておきますと、体の疲れもそうですが、精神的に苦痛になり、最終的に取り返しのつかない精神病になってしまうことも考えられるのです。 不眠が原因で内科的な病気になりましても、成人病などの重篤な病気になってしまうこともありますので、気をつけなくてはなりません。 体がだるい、微熱が続く、やる気が出ないなどの症状が出たら要注意ですので、しっかり眠れるように、心療内科で医師に相談して、どのような休息をしたらよいのか指導を受け、眠れない状態であれば、眠剤を飲むようにしましょう。 現在、睡眠導入剤であるメロセットは通販で購入することも出来ますので1度使ったことがあるならば通販で購入するのが得です。 眠剤は、副作用を起こすので飲みたくないと考えている人も多いですが、眠れない状態が続くより、眠剤で熟睡できるようになれば、心身ともに楽になります。 眠れなくなりますと寝る前にアルコールを飲む人もいますが、アルコールは精神を昂らせる効果がありますので、辞めた方が良いです。

no image

不眠症とはいったい何なのか?

心配事があって眠れない時や、旅先や引っ越しで環境が変わって眠れないということはよくあります。 日本人の5人に1人が睡眠時間が足りていないと感じています。不眠症は日本人の国民病とも言えるものです。 不眠症とは、寝つきが悪くて眠れなかったり、眠ってもすぐに目が覚めてしまったり、なかなか熟睡できないようなことが1か月以上続き、日中に意欲低下や倦怠感や食欲低下や集中力低下などの不調が現れるようになることです。 日本人の睡眠時間の平均は7時間ですが、3~4時間でも間に合う人もいれば、10時間寝ないと睡眠不足と感じる人もいるので個人差があります。ですから、問題は睡眠時間の長さではありません。 今の睡眠時間で日中に不調が出ているのなら不眠と判断できますし、本人が快眠できているという自覚があるかどうかが重要なのです。 不眠症は4つのタイプに分けられます。 眠ろうとしても寝つきが悪くてなかなか眠れない「入眠障害」と、寝付くことが出来ても眠りが浅いので途中で何度も目覚めてしまう「中途覚醒」と、充分睡眠時間があっても眠りが浅くて睡眠が足りないと感じる「熟眠障害」と、朝早くに目が覚めてそのまま眠れなくなってしまう「早朝覚醒」です。 では不眠症になってしまう原因についてですが、それは様々な理由が考えられます。 例えば、悩みや心配事やストレスなどの心理的な問題や、うつ病や不安障害のような精神疾患や、心臓病や高血圧や呼吸器疾患やアレルギー疾患や関節リウマチのような病気の問題や、交代勤務や時差のような生活リズムの乱れや、騒音や光が気になったり寝室の温度が合わなくて眠れない環境の問題や、抗がん剤のような病気の治療で服用している薬の影響や、コーヒーのカフェインやたばこのニコチンなどの刺激物など、原因として考えられることは数多く存在し、不眠症を訴える人は年々増加しています。

no image

胃腸薬に副作用はあるの?

普段、何気なく服用している胃腸薬。胃が痛かったり、食べ過ぎてしまった時などには重宝します。辛い時には、助けになる胃腸薬ですが、頻繁に飲んでいると、かえって体調不良などになることもあります。 便秘になってしまったり、口臭がきつくなってしまうこともあります。基本的に胃腸薬に限らず、風邪薬や解熱剤には副作用があるので、どうしても必要な時だけ薬を飲むようにするといいでしょう。 胃腸薬に頻繁に頼らなければならない場合には、生活や食事などを見直して、胃腸に負担がかからない生活に改善していくことが大切です。ストレスなどによっても胃や腸に負担がかかり、痛みがでることもあります。 そのため、ストレスを緩和するかうまく発散できるような生活環境を整えることも重要なことです。仕事や私生活でストレスは誰しも抱えてしまうものです。ですが、自分の気持ちの切り替えや、休日にストレスを発散することも必要です。 気分転換のために、遊びにでかけたり、ショッピングや旅行などをして、ストレスが溜まらないように、心がけていくことも胃腸の状態を健康に保つためには必要なことです。また、食事では、消化のいいものを中心に食べることも大切です。 また、早食いをせずに、しっかりと噛んで食べることで、胃での消化を助けることにもつながります。その他にも、アルコールの多量摂取を控えるようにすることも大切です。 アルコールは、胃の粘膜を荒らすため、適量ならばそれほど問題になりませんが、多量摂取や、頻繁にアルコールを摂取するようなことは控えるようにするといいでしょう。 飲み会や仕事の付き合いなどもあるでしょうが、飲みすぎないように心がけることで、胃に負担をかけないようにすることも大切です。

no image

胃腸薬は他の薬と併用可能なのか

胃腸薬は、他の薬と併用可能なのかと悩んでしまう方もいるでしょうか、併用が可能な場合と併用することで他の薬の作用を弱めてしまうものがあります。一般的に、風邪薬や鎮痛剤、解熱剤と胃腸薬は併用しても大丈夫という扱いになっています。 これらの薬との併用は、医療機関でも広く行われているので、医師も安全だと判断したうえで処方している組み合わせです。風邪薬や鎮痛剤の場合には、胃への副作用が考えられるケースが多いため、同時に、胃腸薬も処方されることも珍しくありません。 ですから、市販品を購入した場合であっても、風邪薬や鎮痛剤と胃腸薬を同時に飲んでも差し支えないと考えてよいでしょう。しかし、併用をすることで他の薬の作用を弱めてしまうものもあるので注意が必要です。 一例としては、便秘薬があります。便秘薬は、腸まで溶解せずに運ばれるように工夫している錠剤が大半です。 この便秘薬と一緒に胃腸薬を飲んでしまうと、中には便秘薬が早く溶けてしまい、効果が出なかったりすることもありますし、吐き気や胃痛などの副作用を一時的に起こすものもあります。 したがって、胃腸薬を服用した場合には、便秘薬は服用間隔を1時間以上空けるようにする注意が必要です。その他には、抗菌剤を胃腸薬と同時に飲むと、抗菌剤の作用を弱めてしまうことがあります。 このように、胃腸薬には併用が可能な他の薬と、併用しない方が適している他の薬があるので注意をしておく必要があります。 医療機関で処方する場合には、薬剤師の説明が受けられますが、薬局で市販品を購入する場合には、説明が行き届かない場合も考えられるので、服用している薬について申し出をして、説明を受けるようにしましょう。