Year: 2019

Article list

no image

病院で処方される胃薬のいいところ

薬といっても、さまざまなものがあります。世界中を見渡すと、古くから伝統的な処方を行っているところも多く、独自の薬草などを飲む人も多いようです。 もちろん、それなりの理由があり、親しまれてきただけの信頼感を得られます。日本では、病院から処方される薬と、個人で購入できる医薬品や医薬部外品など、さまざまな「薬」であふれかえっています。 なかでも多いのが胃薬で、家庭で常備していることも多い薬の代表格です。病院で処方される薬のメリットといえば、やはりその効き目にあります。 ドラッグストアやコンビニなどで市販されている胃薬には医薬部外品も多く、病院で処方されるものと比較すると、効き目に難があるケースも多いようです。 一方、病院では医師による診察を受けた上で薬を処方するため、効き目のある胃薬を飲むことができます。 また、胃薬が会わなければ医師と相談したうえで、より体質に合ったものを処方してもらえることもあります。たとえば、薬にもアレルギー性物質が含まれていることがあります。 ドラッグストアで購入した薬を購入する際には、そのあたりにも気をつけなければなりません。個人で購入できる胃薬は、すぐに手に入れることができます。 これは病院で処方される薬にはないメリットなのですが、いつでも買えるからといって、薬を飲みすぎるとやはり体によいことはありません。 当然ながら、作用があれば副作用もあるので、そういった説明を受けることは困難です。病院で処方してもらえれば、胃薬の飲み方や副作用にまで説明を受けることができます。 こうすることで、最低限の量で最大限の効果が期待できます。病院で処方を受けるには病院に行く手間や時間がかかりますが、それに見合った健康を維持できるのです。

no image

メラトニンが胃が重い原因でも場合もあり胃薬が有効

胃がもたれたり、重たいと感じるようであれば、体のどこかに何らかの異常がある可能性が高いです。もちろん、前日に沢山のご飯を食べたり、お酒を飲みすぎたりして胃が重たくなるのは、病気ではありません。 暴飲暴食によって、胃に過剰な負担がかかったために、胃が重たくなっているのです。けれども、胃が重い原因は、そうした食べ過ぎや飲み過ぎだけではないのです。 例えば、胃が重い原因にメラトニンが関係しているという話もあります。体内で合成されるメラトニンが異常になることで、結果的に胃が重い原因になっていくのです。 ですから、胃のもたれなどとメラトニンというのは、一見すると無関係なもののように思えますが、実は関連性があったりするのです。 そうした胃が重い原因というのは、基本的に医師による診察を受けなければわかりません。そのため、胃が重い状態が長く続いたりしているのであれば、まずは医療機関を訪れましょう。 消化器系の医師であれば、その原因をきちんと突き止めてくれるはずです。その上で、治療に必要な胃薬なり改善法などを提示してくれることでしょう。 胃薬に関しては、処方してくれた医師の説明や薬剤師の話をきちんと頭に入れ、用法や用量を守ることが大切です。胃薬は、胃の痛みやもたれなどにとても高い効果を示しますが、使い方を誤ると、逆に副作用で悩まされることもあるのです。 胃薬に限らず、どんな薬にも副作用は存在しています。その副作用をできるだけ減らすためにも、適切な方法で薬を服用することが大切なのです。 その点に関しては、医師や薬剤師が丁寧な言葉できちんと説明してくれるはずです。その指導に従って、胃薬を使いながら、胃の異常を治していきましょう。