心配事があって眠れない時や、旅先や引っ越しで環境が変わって眠れないということはよくあります。
日本人の5人に1人が睡眠時間が足りていないと感じています。不眠症は日本人の国民病とも言えるものです。
不眠症とは、寝つきが悪くて眠れなかったり、眠ってもすぐに目が覚めてしまったり、なかなか熟睡できないようなことが1か月以上続き、日中に意欲低下や倦怠感や食欲低下や集中力低下などの不調が現れるようになることです。
日本人の睡眠時間の平均は7時間ですが、3~4時間でも間に合う人もいれば、10時間寝ないと睡眠不足と感じる人もいるので個人差があります。ですから、問題は睡眠時間の長さではありません。
今の睡眠時間で日中に不調が出ているのなら不眠と判断できますし、本人が快眠できているという自覚があるかどうかが重要なのです。

不眠症は4つのタイプに分けられます。
眠ろうとしても寝つきが悪くてなかなか眠れない「入眠障害」と、寝付くことが出来ても眠りが浅いので途中で何度も目覚めてしまう「中途覚醒」と、充分睡眠時間があっても眠りが浅くて睡眠が足りないと感じる「熟眠障害」と、朝早くに目が覚めてそのまま眠れなくなってしまう「早朝覚醒」です。
では不眠症になってしまう原因についてですが、それは様々な理由が考えられます。
例えば、悩みや心配事やストレスなどの心理的な問題や、うつ病や不安障害のような精神疾患や、心臓病や高血圧や呼吸器疾患やアレルギー疾患や関節リウマチのような病気の問題や、交代勤務や時差のような生活リズムの乱れや、騒音や光が気になったり寝室の温度が合わなくて眠れない環境の問題や、抗がん剤のような病気の治療で服用している薬の影響や、コーヒーのカフェインやたばこのニコチンなどの刺激物など、原因として考えられることは数多く存在し、不眠症を訴える人は年々増加しています。